Sanctuary


Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

やっっと見れました♪
かなり今更なのですが・・汗
清塚信也さんの 『みゅーじん』、やっと見ることができました〜☆

クラシックを身近なものにと願い、形にとらわれず常に挑戦し続ける、
彼の熱い想いとその姿勢に感動しました!

実力・ビジュアル・言動、どれをとっても
本当に 『クラシック界の王子』 の名にふさわしい方ですよね〜

温厚そうなお人柄や物腰の柔らかい語り口が印象的で、
お話を伺っているだけでも、癒されていくような気がしました。

また、ハミカミながら「今どきのクラシックアーチストはこうでなくちゃね☆」
と、写真撮影に応じた時のキメ顔も、めちゃくちゃ可愛かったです〜

そして、そして、もちろん演奏も素敵っ☆
彼の繊細かつ情熱的なピアノを
今度はぜひ生で聴いてみたいと思いますはな


ところで・・
お陰さまでNAOTOさんと啼鵬さんの映像も
見ることができました!

NAOTOさんのクラシックヴァイオリンも少しですが、聴けましたし。
啼鵬さんがバンドネオンを打楽器のように使われるところも
見れて嬉しかったです♪

それにしても、啼鵬さんの衣装には正直ビックリ!(笑)
でも、赤いチャイナ服にちょっぴり渋めのお顔で「リベルタンゴ」なんて、
とってもお洒落ですよねっ!ねっ?ね〜!!>_<
(つづき)

ただ残念に思ったのが・・
私が予告編で見た「楽屋での謎めいた(?)シーン」が、
本編でもOAされるかなと期待していたのですが。
そのシーンのOAはありませんでしたυ

ん〜、そのシーンちょっとお話してもいいですか?
ダメだと言われても、無理やり話しちゃいますよ〜(笑)。

えっと・・
楽屋でNAOTOさんと清塚さんが、
なにやら楽しそうにお話をされている様なのですが、
何故か清塚さんの表情が微妙・・・

そうこうしているうちに、
NAOTOさんが 突然 『情熱大陸』 のイントロを弾きはじめ・・
それが終わると

今度は清塚さんが、突然カメラに向かって
「どんどん使えなくなるよ!もぉ、どうすんのっ!!」と、
冗談っぽくですが強い口調で訴えて、そこで予告編は終了。

一体なにが起こったのかしら??
と、予告編のお二人の会話が少ししか聞き取れなかった私は、
ずっと気がかりでした。

が、先日、清塚さんのBLOGを拝見して、その謎がようやく解けました!(笑)

気になる方は、清塚さんのOFFICIAL BLOG ・4月8日の記事を
ご覧になってみて下さいね。 ↓ (頭に「h」をつけてね☆)
ttp://www.ravenjam.com/kiyozuka/  


  ・・・NAOTOさんたら、 ヽ(*`Д´)ノ もぉ〜〜!!
| comments(4) | trackbacks(0) |
私も「みゅーじん」見ました。
何時ものことながら啼鵬さん、お衣装お似合いでしたね。

予告編、私も気になっていたので
清塚さんのブログ見てみますね。
| henbee | 2008/05/18 11:19 PM |

【henbeeさんへ】

こちらへもコメントありがとうございます♪

ほんとに啼鵬さんはどんなお衣装もお似合いですよね〜☆
スーツ、ツナギ、黒のカンフー着、黒のポロシャツ(?) etc.
そして、もちろん今回の赤いカンフー着も ( ^ー゚)b グッ!

予告編、henbeeさんもご覧になっていらしたのですね。
そう、あの終わり方、気になったでしょ!
で、清塚さんのブログへはもういらっしゃいましたか?(笑)
| shizuka | 2008/05/23 11:12 PM |
オンエアされてから、当時着ていたものを思い出しました。やっぱ恥ずかしいっす。ありゃ、ホントのボクじゃありましぇん。
| ていほう | 2008/06/02 10:38 PM |

【ていほうさんへ】

いえいえ何をおっしゃいますか、とってもお似合いでしたし、
いつもとちょっぴり違ったていほうさんが拝見できて、すごく嬉しかったです☆

それと、嬉しかったことは他にもあって・・
この記事に書いた予告編のシーンで、
実はていほうさんが長く映ってらっしゃったんです!
絵としては「(楽屋で)NAOTOさんと清塚さんのやり取りを
腕組みしながら優しく見守るていほうさん」といった感じで、
終始にこやかに(一部爆笑も)なさっていました。
後から知ったのですが、そのコンサートの音楽監督が
ていほうさんだったと聞き、妙に納得いたしました♪
| shizuka | 2008/06/03 10:05 PM |









http://shizukesa.jugem.jp/trackback/207