Sanctuary


Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

大江戸りびんぐでっど♪



宮藤官九郎さん作・演出の歌舞伎シネマ、

「大江戸りびんぐでっど」を観に行ってきました。


 

昨年の歌舞伎座での公演は、見逃してしまいましたが、

今回、シネマ化されたものを観ることができて、嬉しかったです♪


 

私、映画館でこんなにったの、たぶん初めてだと思います。

とにかく、すっごく面白かったです!


 

流石は、クドカン。

このような奇想天外な歌舞伎をお作りになるなんて、

「あっぱれっ!」と申し上げたいです☆


 

さっそく、歌舞伎ファンの母にも薦めてあげようと思うのですが、

果たして、彼女にクドカンテイスト受け入れてもらえるか、そこが心配・・・。


 

母は、何事にも厳しくとても真面目な人なので。親切のつもりで薦めても、
場合によっては私、叱られてしまうかも知れません


 

例えば、「 きゃっ 私の口からは、とても言えないわ/o*ハズカシ〜

なんていう場面も、ふつ〜に出てきちゃいますし(笑)。


 

ましてや、ヒップホップや流行りの一発芸など、母には解るわけもなく。


 

せっかく薦めても、「これは歌舞伎じゃありません!」

なんてスパッと言い切られたら、悲しすぎますぅ

 

 

しかし、これだけの歌舞伎俳優が、これだけのハチャメチャさをもって、

これだけの面白いお芝居をするって、そうそうあるわけじゃないですし。 


この際、母に歌舞伎と認めてもらえるか否かは、さて置き。


要は、母に少しでも楽しんでもらえたら、
それで私は充分嬉しい・・・はず(笑)。


なので、ここは1つ勇気をだして!薦めてみようと思います

 

因みに、上の写真のパンフレットの中に

『・・・・・怒られる前に謝っておきます。「どーもすいません」 』


という、宮藤さんのお言葉があるのですが。

作・演出家が、前もって謝ってしまう歌舞伎って!それは・・・

 

気になる方は↓こちらをご覧下さいませ

ttp://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/ooedolivingdead/
(頭に、「h」 をつけてね☆)


では皆さま、おやすみなさいませませ〜 

| comments(2) | trackbacks(0) |
shizukaさん、こんばんは。
私も先日「大江戸りびんぐでっど」見て参りました。私は昨年の歌舞伎座の公演も見せていただいたのですが、あの楽しさが忘れられなくて、今回の歌舞伎シネマへも足を運んでしまいました。欲張りですね(笑)

そして、私もshizukaさんと同じで、宮藤官九郎さんの奇想天外な発想に大きな拍手を送りたい一人です。確かに歌舞伎ファンの方の中には、「?」と思われる方もいらっしゃるかも知れませんね。しかし、時勢にマッチしたこのようなお出し物は、歌舞伎ファンをうんと増やして下さるのではないでしょうか。次回作にも期待したいですね。

ところで、shizukaさんのお母様ってお厳しい方なのですか?(笑)そして、お母様へのお奨めはスムーズにゆきましたか(笑)
| 香栄 | 2010/10/28 10:52 PM |

【香栄さんへ】

香栄さん、こんばんは〜☆

まぁ!香栄さんは「大江戸〜」、舞台とスクリーンの両方で
ご覧になられたのですね! 
古典的な歌舞伎を愛する香栄さんが、クドカンテイストを
受け入れて下さっていたと思うと、何だか嬉しいです〜(^^♪

そうですね。中には「?」と思われる方もいらっしゃるかも知れませんね。
そういえば宮藤さん、パンフレットの中でこんなことをおっしゃってますね。
「口内炎くらいの違和感とインパクトは残せたんでしょうかね。
次はもうちょっといきたいですね」って。
これは、お客様に「?」と思って頂けたら、大成功ということですよね(笑)。

はい、歌舞伎ファンが増えるといいですねぇ。
そして、新しくファンになられた方々が、素敵な新作を楽しみつつ、
伝統的な演目にも興味を示して下さったら、嬉しいですよね〜♪

えっ!私の母ですか? それはもう厳しいのなんのって、
とりあえずは、筆舌に尽くし難いとだけ言っておきましょう(笑)。

あっ、母へのお薦めですか? 実はウチの母、1週間後に大切な舞台を
控えているので、それが終わったら話すことに、今、決めました!(笑)。
香栄さんにコメント頂いて、何だか勇気が湧いてきました〜(^o^)/
ありがとうございます☆
| shizuka | 2010/11/01 11:51 PM |









http://shizukesa.jugem.jp/trackback/247